サロンの前に…メカニズムを知ろう!

今、脱毛サロンが話題。

 

めんどくさいと感じる毎日のムダ毛のケアをしなくってもすむと話題集中の美しくなる業です。

 

なのですがそんな光脱毛だけど、少し待って。皆さまは体に生えている毛の仕組みを知ってる?

 

脱毛をするためにサロンに行く前に毛のことについてわかっているのがかなり大事です。

 

そういう知識を持っているかどうかでお店に行った時も不安なことも聞きやすくなるんだよ。

 

とは言いますが自分の体に生えている毛についてサロンを選ぶ人は思ったより少ないようです。

 

で、ここのページではそれぞれの体に生えている体毛について説明します。

 

 

毛根部

とりあえず初めに毛の作りについて話します。みなさんに悩ましているであろうムダ毛。

 

見える上の部分を「毛幹」、見えないとこを「毛根」って言います。

 

さらに下、ムダ毛の根元、最奥のふくらみのある部分を「毛球」って呼びます。

 

毛球の一番先には「毛乳頭」があります。この奥毛乳頭の所には血管を通って栄養を吸い上げて毛を長くさせる働きをしています。

 

そういうわけで毛が伸びるには毛全体の中の毛根、加えていうと最奥に存在する毛球の先端部の毛乳頭が司っているのです。

 

以上の事から剃刀をつかって表面に見えている体毛を剃ってしまってもこの毛乳頭が残ってしまっていると体毛は成長してしまうのです。

 

もっと言うと毛乳頭の部分は「毛母細胞」のパーツが製造しています。

 

そのため、毛抜きを使った体毛を抜いたとして毛乳頭を抜いても毛母細胞がまんまのこっちゃってると

 

新しい毛乳頭が生み出されてその部分から再び毛が長くなってきます。

 

 

毛が生える仕組みと周期

体毛は生えることぬけること、ちょっと休んで新しく成長してと定期的に巡回しています。

 

体毛の成長期は毛細血管から毛乳頭めがけて栄養分が届き毛母細胞のパーツまで来ます。

 

そうすると、毛母細胞部分の細胞分裂が活性化して毛球が生成されます。

 

この流れでストップすることなく毛母細胞と呼んでいる部分ががんがんに細胞が分裂してきてこれらが体毛になっちゃって肌の外、

 

目に見える部分まで止まることなく伸びていくのですね。

 

そして、その成長スピードは毛が生えている身体のパーツによって差異があります。

 

頭部にある毛は成長するスピードが速く1日で0.3m。

 

また、ワキの部分に生えている毛も意外と成長スピードは速く、1日に0.3ミリ程成長します。

 

他の部分で言うと眉毛・まつ毛になるとゆっくりと伸びて1日に0.18mmほどです。

 

というようにひとくちに毛と言えどその成長スピードは様々なんです。

 

 

毛周期について

今度は先に記述した毛はどんな周期をたどるのかさらに、くわしくお話しします。

 

上で、成長・抜毛・生えたりを繰り返しているとご紹介しました。

 

そのように私たちの体の毛は休む時期、成長する時期、退行する時期という毛の生えるのに3種の時期があります。

 

休止期の毛は皮膚の奥のとこの毛が出てくるための眠っている時期です成長期で養分を吸ってぐいぐいと成長し、

 

退行期になると毛乳頭と毛が離れちゃって抜け落ちるといった期間です。

 

ここから、伸びる周期の毛を自分で抜いても、肌の下の見えない部分にはこの後次に伸びてこようとする毛がまっています。

 

そういう理由で努力して体毛を除去しても時間がたつとその後も生えてきてしまうんだ。

 

この上お肌の見える部分に出ている体毛は、1/3くらいでしかないのです。

 

その上さらに言うと毛周期と言うのは体毛がある部位によってちょーっとずつ異なってきます。

 

体中で最も抜毛までが長くかかるのが頭の毛、つまり髪の毛で抜けるまでの期間が3年以上あって退行期に入り、なーんにもしなくても抜けています。

 

さらに詳しく言うと髪は50本前後が1日に手を加えなくても落ちる言われます。

 

もっと言うと顔と体とを比べると顔から生えている毛の周期の方が抜けるまで間がないと言われています。

 

顔はその多くの部分が2ヶ月くらいのサイクルですが、身体部分に生えている毛はサイクルとして3カ月から4カ月程度と言われています。

 

そのような理由から全身の毛を一緒に処理してもフェイス部分の毛が先に生えてきてしまうんですね。

 

 

毛ってどんな種類があるの?役割は?

ムダ毛っていうけど、ムダと言われてもきちんとした役割を担っています。その目的をまとめました。

 

我々の体毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能以上4つの役目があります。

 

最初は皮膚を守る役目からです。

 

危ないものから守るため指します。

 

すぐにわかるのは髪は頭、脇毛はこすれてしまうことから守ってというものです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒さから寒さから身を守るための保温機能、また逆に直射日光からは暑さを防ぐ断熱機能があります。

 

さらに、感覚機能です。

 

日常は意識しないくらいですが体毛にも触覚を感じる役目があります。

 

毛がすっかりなくなると感覚機能がちょっとですが弱まるという言われています。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

我々の毛には紫外線を防ぐ働きも担っています。

 

以上のようにムダだと思っていても正当な理由があります。

 

 

いろいろ知ってサロンを選ぼう

以上、体毛についてでした。

 

毛がどのようになっているのかムダ毛ってどんなものなのかお分かりいただけたでしょうか?

 

体毛の仕組み・構造のきちんとした理解があれば光脱毛の内容やサロンに行く周期など聞きやすくなります。

 

脱毛サロンの際にちゃんと役立ちうけあいでしょう。

関連ページ

自己処理よりサロンが選ばれる訳とは?
自己処理よりサロンが選ばれる訳とは?最近流行りの脱毛サロンですが、費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなどサロンは自己処理より効きます。脱毛サロンでの脱毛をお考えの方は是非参考にしてください。
脱毛サロンが1回で施術が終わらない訳とは?
脱毛サロンが1回で施術が終わらない訳とは?主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能が脱毛サロンごとに違うからです。脱毛サロンが1回で施術が終わらない訳とは?詳細が分からない方は是非ご覧ください。